メイク落としの選び方

メイク落としおすすめ 選び方

近年、たくさんの種類のメイク落としが売られていますが、

どれにしたら良いのか迷ってしまうという方が、
たくさんいることと思います。

 

何点かにポイントを分けて、おすすめをご紹介しますので
商品を選ぶ際に参考にしましょう。

 

 

タイプ、形状

リキッド

メイク落としおすすめ 選び方

 

鉱物系のオイル以外の植物由来オイル配合のものが多いです。
メイクを落とす力が高くて、普通のオイルタイプと比較して
肌に普段をかけないという点がポイントです。

 

 

ウォーター、ローション

メイク落としおすすめ 選び方

 

汚れを浮かせるので擦らずに済みます。
使い心地が軽くてべたべたせず、肌によく馴染むので
朝の洗顔に使用する方も多いです。

 

 

バーム

メイク落としおすすめ 選び方

 

しっかり肌に密着して、汚れを吸い着けます。
マッサージやパック効果がある多機能の商品がたくさんあります。

 

 

ジェル

メイク落としおすすめ 選び方

 

ほとんど油分が入っていないので、使い心地がさっぱり。
液垂れしにくいため、洗面所や部屋で落とすのにもぴったりです。

 

 

メイク落としおすすめ 選び方

 

これも肌をこすることがないまま、泡を動かして汚れを浮かせられます。
かなりさっぱりするので、脂性肌の方にぴったりです。

 

 

肌タイプ

敏感肌、乾燥肌

メイク落としおすすめ 選び方

 

オイルが入っていると肌が乾燥しやすくなるので、
オイル成分が少ないものや、入っていないものが良いでしょう。

 

それから、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が
豊富に入っているものも売られています。

 

 

年齢肌

メイク落としおすすめ 選び方

 

洗顔しながら美肌成分を肌に染み渡らせる働きがあります。

 

シワ、シミ、たるみ、くすみなどの解消、美白効果などが
ある成分が入っているものを選ぶことが大事です。

 

 

無添加処方

メイク落としおすすめ 選び方

 

石油系界面活性剤、合成着色料や香料、鉱物油などが
入っていないと「無添加」と言われています。

 

指定された成分をひとつでも入れていなければ、無添加商品として
売ることが出来るのですが、アルコール、パラベン、石油系油脂など
肌にダメージを与える成分をとことん不使用のものもあります。

 

 

使いやすいかどうか

濡れてでも使用できる

メイク落としおすすめ 選び方

 

バスタイム時に使うことが多い方、スチームを使って
毛穴ケア後に顔を洗う方などは便利です。
濡れたとしても拭き直ししなくて良いので、手軽に使用できます。

 

 

洗い流ししなくて良い

メイク落としおすすめ 選び方

 

ウォーターベースで、肌に負担がかかる洗浄成分無配合
のものは洗い流し不要のものもあります。

 

帰宅後すぐにメイクを取りたいのに、時間をかけて
洗顔したり、お風呂に入るのはちょっと面倒だなぁという時、
メイクを直す時にとても便利です。

 

 

まつげエクステ使用中でもOK

メイク落としおすすめ 選び方

 

美容成分、オイル成分などがエクステ接着力を弱めることがあり、
まつげエクステをしている方は使用出来ない商品も多数あります。

 

まつげエクステOKのものならば、別途リムーバーなどを
使用する必要がないので助かります。

 

 

これらのポイントとして挙げたものは一部です。

 

肌を清潔にすることにとことんこだわったものから、
美肌効果が優秀なものまで、たくさんのメイク落としがありますので
口コミなどもチェックして比べてみましょう