W洗顔って?メリットとデメリットについて

メイク落としおすすめ

W洗顔は、メイク落としを使った後に洗顔料で

再度洗う、という以前のスキンケア法です。

 

この洗顔方法は、クレンジングオイルが
急激に売れた頃に定着しました。

 

以前行ったマーケティング調査では、お化粧をしている女性の
約90%以上の方がW洗顔をしているという結果が出ました。

 

でも、肌の乾燥や小じわが増えるといった女性の肌トラプルが
どんどん多くなってきたことで、その原因は洗顔方法ではないか?
と言われ始めて、見直されるようになりました。

 

普段から何も考えずに、メイク落としと洗顔の両方をしている、
という方がたくさんいることでしょう。

 

W洗顔が良いか悪いかは、美容や皮膚の専門の方たちの
中でも同じ意見になることはないので、W洗顔が肌に与える
影響について考えてみることにします。

 

 

メリット

 

お化粧がしっかり落ちるので、肌トラブルを防げる

メイク落としおすすめ

 

ファンデーションや口紅、マスカラなどをしっかり落とせます

 

お化粧が残ると、そこについた油分やホコリなども残り、
それによって肌荒れを起こし、毛穴が黒ずんだり、ニキビになったり、
いろいろなトラブルを起こすことになります。

 

 

使い心地がさっぱりで脂性肌にぴったり

メイク落としおすすめ

 

中でも、クレンジングオイルアドは肌に残りやすく、
せっけん洗浄成分が入っている洗顔フォームなどを
併用しなくてはいけません。

 

せっけん成分は、皮脂などをしっかり除去するので、
さっぱりとした洗い上がりの手触りにしてくれ、汗をかく夏や
皮脂がたくさん出る方には特に使い心地が良いことでしょう。

 

 

デメリット

 

肌をガードするバリアを壊して肌荒れの原因の元になる

メイク落としおすすめ

 

メリットで「お化粧をしっかり落とせば肌トラブルを防ぐ」と
言いましたが、落とし過ぎてしまうとトラブルを起こすという
デメリットもあります。

 

肌に必須の皮脂や潤いを奪うと、肌が乾燥したり敏感になったり、
シワやシミが出来やすくなり、肌が衰えてしまいます。

 

それから、肌を摩擦する回数がどうしても増加するので、
肌を傷めてしまい、色素沈着やくすみも作ってしまうと言われています。

 

 

洗い過ぎで過剰に皮脂分泌促進

メイク落としおすすめ

 

皮脂をさっぱりと除去し過ぎると、必要以上に皮脂を
分泌するようになります。

 

このことから毛穴を詰まらせてしまい、吹き出物やニキビを
作ったり、肌がテカテカになってしまうのです。

 

 

洗顔に時間がかかる

メイク落としおすすめ

 

メイク落としと洗顔料を使用するということは、単に二度手間
なるということも言えますので、時間も取られます。

 

仕事や家事などで多忙な方にしてみたら、
負担に感じることもあるかもしれません。

 

 

これらが、W洗顔のメリットとデメリットです。

 

お化粧などの油性の汚れを落とすということを
考えれば、界面活性剤が入っているクレンジングや
オイルが良いでしょうが、半面、肌表面のバリアを破壊し、
ダメージを与えるということは否定出来ません。

 

メイク落としならば、どれでもダメージがない
というわけでもありません。

 

自分の肌質に合っていて、肌に優しい成分
配合のものを選ぶことが大事です。